ゴルフクラブ カスタマイズ

年齢が上がった時こそ覚えたい、ゴルフクラブ選びとカスタマイズのコツ 0-1

年齢が上がると、ゴルフの飛距離も落ちてきてしまうことが多いものです。これは若い時と比べて筋力の量が落ちていることや、最適なスイングの形が変わってしまうことがあるからです。体重や筋力の変化や、背丈によって必要なクラブも変わってきます。

 

これはスイングの形自体を見直していくことが難しいからで、その間の調整役を行ってくれるのがクラブだからです。クラブにはヘッドやグリップなどのカスタマイズが出来るものが多く、ちょっとした調整だけで飛距離が伸びる事もあり得るのです。

 

まずビデオ撮影などですイグがどうなっているかを確認し、クラブの長さがちょうどいいか、ヘッドの重心はどこにあるかと言った情報を分析するとプラスになりやすくなります。これはやみくもにフォームを治そうとしたり、クラブの調整を行うとかえって悪い癖がついてしまうことがあるからです。

 

専門のショップやゴルフクラブでしっかりとコンピューター解析を行った方がわかりやすく、続けていくモチベーションにも繋がります。プロのコーチングを受けるのも方法で、アイアンやドライバーなど、自分の愛用のクラブを持ってそれぞれの癖を確認して貰う方法もあります。重心の偏りなどが見られたらフォームやスイングの修正だけでなく、クラブのカスタマイズや新しいクラブの購入で補うのもポイントです。

 

とくに若い頃にゴルフを覚えた人は力を入れてうつ傾向が強く、その後どれだけゴルフを練習しているかでも癖の入り方は変わってきます。筋肉の付き方にも違いがあるため、それに適したテーラーメイドのクラブを用意するのも方法です。

 

もちろん、それほど経済的に余裕がない場合でも、飛距離にこだわりたい人のカタナゴルフやリョーマゴルフなど、シャフトのしなりやインパクト重視かと言った選択肢でクラブを選ぶ方法もあります。予算が少なくてもツアーステージなどコストパフォーマンスに優れがクラブを購入することができます。

 

グリップとシャフトの長さも重要で、このバランスによって飛距離が大きく変わる事もあります。スイングの修正に成功してもクラブの性能がマッチしていないことから飛距離落ちや、伸びない原因になっていることもあります。

 

年齢を重ねたから飛距離が落ちたことを嘆くのではなく、年齢に合わせたバージョンアップも重要になってきます。50代以降でもゴルフが上達していく人もいるため、より楽しむ為にもクラブ選びに気を配る事も大切になるのです。

 

50代からドライバーで飛距離を伸ばす方法とは?

ゴルフは社会人の頃に付き合いなどで始める人も多く、シニアになってからもその延長で続ける人が比較的多い生涯スポーツであると言えます。また若い頃は全くやっていなくても、定年退職後からでも男女問わず始めることが出来ます。例えばコースに出ることが難しい人でも、打ちっぱなしでボールを打つだけでも良いストレス解消になるはずです。ゴルフ ドライバー ランキングは他のスポーツと比べても動きがゆっくりとしているため、年を重ねてもプレイしやすいスポーツかもしれません。しかも近年はゴルフクラブやボールがとても進化しているので、体力が衰えていても飛距離が出やすく楽しめると言うメリットがあります。またコースに出る場合は通常4人位で回りますが最近は一人で回ることが出来るコースもあり、他人に気兼ねしたり勝敗を気にすることなく、気分が向いた時や天気が良い時だけなどに、やりたい時にやると言う選択も出来ます。会社を退職すると外へ出ることも億劫に感じてしまいがちですが、ゴルフを趣味に持っていればコースを回るたびに緑豊かな自然とおいしい空気を感じながら、生きいきとした1日を過ごすことが出来ます。しかもゴルフコースに出ると歩かなければならないので、自然と体力が付くようになりますし、健康にも良いと言う利点があります。そのため趣味としてはもちろんのこと、健康増進のためにゴルフを選ぶと言うシニアも多くいます。さらにボールを打つ瞬間はとても集中力を必要とします。そこで、シニアになると衰えがちな一面を鍛えることが出来たり、最終コースまで回れた時には何とも言えない達成感を感じることが出来ます。そして何度かコースを回るうちにもっと上手になりたいと技術面の向上を考えるようになり、それが生きがいとなってより楽しい毎日を過ごすことが出来るようになります。子供や孫がゴルフを始めれば共通の趣味として話題も増え、コミュニケーションの場に最適ですし、夫婦で始めれば二人で過ごす時間が増えるのでおすすめです。