ゴルフ 飛距離 高反発

ゴルフの飛距離はお金で買える!高反発復権のときです。 0-1

ベストスコアを追い求める人、自然の中で身体を動かしてストレス解消をしたい人、仲間との時間を大切にしたい人、ゴルフの楽しみ方は人それぞれですが、ボールを思いっきり飛ばしたいというのもゴルフの醍醐味の一つでしょう。

 

しかし、加齢と共に筋力は落ちて行き昔ほど飛ばすことが出来なくなって段々とゴルフへの情熱が冷めつつあるという人もいらっしゃるかも知れません。かと言って身体を鍛えるというのも億劫という方にとって、最近のクラブの進歩はとても強い味方となることでしょう。

 

ちょっと口の悪い言い方になってしまいますが、飛距離はお金で買えるのです。まず、飛距離と言えば何と言ってもドライバーですが最近のトレンドとして高反発ドライバーの復権が上げられます。

 

もちろんルール上正式な競技には使用できませんが、プライベートで楽しむ分には何の制約もありません。各社から様々な特長を持った高反発ドライバーが発売されていますが、その最右翼はビートたけしをイメージキャラクターとしたリョーマゴルフではないでしょうか。

 

MAXIMA Special Tuningと銘打った高反発クラブヘッドに装着されるシャフトは「BEYOND POWER」ですが、これがただのシャフトではありません。一般的にシャフトはヘッドスピードに対してRとかSなどとフレックスが設定されますが、「BEYOND POWER」のフレックス表示はなんと∞となっており、この1種類で全てのヘッドスピードに対応しているのです。振りやすさも抜群でムチのようにしなり高反発ヘッドで飛ばす、これには期待出来そうです。

 

そして、最近テレビコマーシャルでもその飛びを前面に押し出しているのがプロギアです。一般的に高反発ドライバーはヘッドのフェース面を出来るだけ薄くして、トランポリンのようにボールを弾き返す反発力を高めていますが、プロギアのSUPER egg ドライバーはフェースとクラウンの間のフランジの形状を工夫してクラウンの変形を抑えさらに高反発化を狙っています。

 

他社製の多くはクラウンとフェースを変形させてたわませるのが主流なのですが、ユニークなアプローチを取っています。プロギアの場合、ドライバーだけではなくアイアンに対しても飛びのこだわりがあり、SUPER egg アイアンをラインナップしています。

 

ドライバーとアイアンをSUPER eggシリーズで揃えれば飛距離に大きなアドバンテージを持つことが出来、気持ちの余裕が生まれてスコアアップにも貢献してくれることでしょう。

 

50代からドライバーで飛距離を伸ばす方法とは?