ゴルフ グリーン 練習方法

グリーンで3パット以上してしまう人の練習法

ゴルフ競技はティーショット、アプローチ、パッティングの3要素から成り立っています。この中でも初心者と中級者以上で差が出やすいのはパターです。パターと聞くと特別な技術がなくても打つことができると初心者は思いがちですが、実は違います。

 

パターがうまい人は、グリーンにボールがオンしてから基本的に2パット以内でカップにボールを沈めることができます。カップから1,2メートル内の場所からパットを打つのであれば1パットで沈めたいところです。しかし下手な人がパッティングをすると3パット以上になってしまうのです。したがってゴルフのスコアを伸ばしたいのであれば、まずはパッティングを集中的に練習することをオススメします。

 

パターのコツは、まず肩の力を抜いてリラックスすることにあります。肩に力が入ってしまうと背中が丸まって猫背になるので、ビデオなどに録画すればすぐに自分の悪いフォームがわかります。パッティングでは両手の力を抜いて手をダランと垂れた状態で、パターをグリップするところから始めます。パッティング時のグリップは左右均等の力にすると球のブレが少なくなります。これが基本姿勢になります。

 

この状態を作ったら、次にあらかじめ読んでおいた芝の目を見ながら、ボールが辿るラインと球を打つストロークの強さを確認します。ラインが読めていないのに適当にカップに打つのは悪いやり方になるので注意しましょう。パターでは余分な力を加えずに、振り上げたパターを自然の重力で下ろしてくるのが大事です。力が入るとパターのフェースが歪んで真っ直ぐにボールが飛ばなくなるので気をつけましょう。

 

スイングの際に犯しがちなミスは2つあります。1つ目は頭がブレることです。パターでストロークを行うときには目からの距離を元にパッティングを行っていますので、頭を動かすと目測を誤ってしまいます。体は軽くひねっても頭だけは固定しておくのが基本です。

 

2つ目のミスは、手首を動かしてしまうことです。特にカップまでの距離が遠い時は飛距離を出すために手首が動きやすくなりますが、これがボールがストレートに行かない原因になってしまいます。

 

手首は角度を固定しておかないと安定したストロークができません。パター用の便利な道具に、手首を固定するバンドが市販されています。どうしてもスイング時に手首がズレるという人は、このようなバンドで手首を固定して、パッティングの練習を積むと良いでしょう。

 

50代からドライバーで飛距離を伸ばす方法とは?