ゴルフ 服装

ゴルフの最低限の服装について

ゴルフは紳士のスポーツといわれていますが、これにはいくつかの理由があります。一つとして、審判がおらず、自分自身でスコアを書き、自己申告制とも言えるルールである点が挙げられます。

 

実際には一緒にプレーする人のスコアも書き込むことになりますし、審判が自分しかいない、というのはやや過大な表現ではありますが、人が見ていない場面というのはいくつもありますし、自制心と倫理が試されるスポーツであることは確かです。

 

そして、もう一つの理由が、服装に関しての規定があることです。クラブハウスにも色々な格があり、場所によってはその服装しか認めない、というようなところすらあります。原則的に、襟付きのシャツ、つまりはポロシャツなどが上着になります。襟がついている、というのがポイントになります。

 

ちなみに大抵の場合、忘れても売店で売っていますから焦ることはないです。そこで購入してコースに行くまでに着替えればよいだけの話です。加えて、靴ですがこれが昔とルールがやや変わっています。昔はスパイクが大丈夫だったところが多かったのですが、今ではスパイクは芝を痛める、ということで禁止になっている場合が多いです。

 

スパイクの方がショットが安定する、と言う人も多いでしょうが、履いて行くならば確認するべき項目になっています。ズボンに関しては上着ほどのマナー、作法があるわけではないですが、動き易い物にしたほうがよいです。

 

ゴルフグッズ専門店に行けばゴルフウェアとしてズボンが売っていますから、それを履いて行けばまったく問題ないです。ジーパンなどは駄目ですから、これはよく覚えておくことです。後はあってもなくてもよいですが、帽子があります。キャップ付きの帽子であり、サンバイザーも許されています。

 

時計に関してもつけていってよいことになっていますし、リストバンドも汗を拭く用途でつけていく人も多いです。但し、タオルを持って行ってもよいのでそこまでリストバンドにメリットがあるとはいえないです。

 

これらの服装の規定というのはクラブハウスでルール化されていることもありますし、あくまでマナーの領域である場合もあります。ただ、ゴルファーの常識として襟付きのシャツ、というのは覚えておくべき項目になります。昔から伝統的にゴルフは紳士の格好で行うようになっているからです。

 

尚、女性も似たような物であり、スカートも問題はないですが丈は膝上でロングスカートはそもそもゴルフに向いていないので注意です。

 

50代からドライバーで飛距離を伸ばす方法とは?