ゴルフ コース ルール

いざゴルフコースに行く前に確認しておくべきルール

ゴルフは打数を競うゲームです。競う相手が過去の自分であることもありますし、一緒に回る人であることもありますが、とにかく少ない打数でコースを終えるのが目的になります。初めてコースに回る人は代表的な打数のルールを知っておくと良いです。

 

要するにペナルティはいくつなのか、ということです。ゴルフには細かい罰則がありますが、打数に関する罰則は実はそんなに多くないです。これは完全にすべて覚えておくべきであり、始めてのコースラウンドであろうと既に何百回目であろうと起こり得ることです。

 

まず、一番多いのがOBに関することです。杭があり、それに逸れてボールが飛んでいってしまった場合、OBになります。これは一打罰であり、そして打ち直しです。つまりは、今打った所から三打目として打ち直しをすることになります。

 

また、OBであるかどうか微妙にわからないときには、暫定打を打ちます、と宣言して、もう一発打っておきます。最初の球が問題なかったら、それを使いますがOBだった場合、暫定打の使うことになります。但し、当然ですが次に打つときには四打目になります。

 

加えて、初心者によくあるのが、空ぶりです。実はこれも一打罰になりますから、注意することです。また、まだ慣れていないときにやってしまうのが、グリーンのボールをマークする前にとってしまうことです。これも一打罰になりますから、覚えておくことです。

 

また、バンカーにも落とし穴があります。それがバンカーの砂にクラブが当たってしまった場合ですが、これは意外と厳しく、二打罰になります。バンカー内にある木の葉などを動かすことも二打罰になります。このあたりが、初心者として起こし易いペナルティになります。始めてコースを回るときには、よくよく頭に叩き込んでおくとよいでしょう。

 

ちなみに打てるのであれば、池から打っても良いことになっています。当たり前ですが、あまりにも深いところは無理でも浅いところがあったりするからです。ゴルフは基本的にルールとしてはそこまで複雑ではないです。ローカルルールとも言えるそのクラブハウス独特のルールがあったりしますが、それは例外的です。

 

持っていけるクラブの数、ワンボールルールなど細かいことを言えば色々とあります。プロや公式的なルールにのみ適用されるものもありますので細かいことはその都度確認するべきです。少なくとも同じであるのが、ショットに関するペナルティです。これは確実に頭に入れておくことです。

 

50代からでも飛距離が伸びるゴルフドライバーランキング