ゴルフ メンタル

ゴルフメンタルのポイント

ゴルフは本当にプレー時間が長いので非常にメンタルが重要なスポーツになります。少しでもスコアを伸ばしたいのであれば、心技体の三つを鍛える必要が出てきます。ゴルフメンタルは仕切りなおし、というのが大事です。

 

例えば、OBをした後に崩れた、という話はよくあります。これはプロでもよくあることであり、本当に気をつけたい部分です。仕切りなおしの方法は実際には何でも良いです。例えば、軽くストレッチをするとか顔を叩くとか何でも良いので次のショットが始めてのショット、という意識を強く持つべきです。そうすれば十分にメンタル的に失敗することを避けられるようになります。

 

加えて、重要であるのが実は体力でもあります。精神が強いといっても、肉体がついていかないのであれば意味がないです。或いは体力があるからこそ、強いメンタルをもてる、ということもあります。ですから、基本的にはゴルフもそれなりに上を目指すのであればかなり効率的な体力作りが必要になります。

 

可能な限りミスをしないようにする、というのがゴルフのコツでもあります。そして、ミスをしますとそれが思いっきりメンタルに影響するようになります。意外とお勧め出来るのが瞑想です。座禅を組む、という人すらいるほどであり、それほどメンタルを強くすることはスコアに影響があると考えられているわけです。

 

しかしながら、すべてがメンタルで決まるわけではないです。ミスショットを悔やまない人であろうともそもそも技術が追いついていなければ意味がないです。なんにおいても言えることですが、一つのことで上手くなるわけではないです。確かにゴルフにおいてはメンタルは非常に強い要素になっていますが、それのみで成立っているわけでもないです。

 

特に初心者にいえますが、ストレッチをしっかりとして、反復的に練習を繰り返し、ラインを読む訓練をするなどやるべきことはいくつもあります。体力をそんなに使わないスポーツとしても有名ですし、実際にシニアの人口も多いことからそれは正しい認識です。

 

ですが、体力と膂力があってこそ、遠くに飛ばせる、という側面は確実にあります。遠くに飛ばせばよい、と言うわけでもないですが、ゴルフの一要素であるのは間違いないです。心技体、つまりはメンタル、技術、体力の三本柱を意識して、練習に励むことが初心者からプロまで、変わることのないゴルフに対する練習スタンスになります。一つでよいわけではないです。

 

50代からドライバーで飛距離を伸ばす方法とは?