ドライバー 飛距離

下半身の筋力の強化とコンパクトなスイングを身につける事が大切

年齢を重ねてくると加齢が進んできてしまうので体力面でも衰えてきてしまいます。ゴルフで体力面に衰えを感じてしまうのはやはり飛距離が出なくなったという事でしょう。しかしやり方次第ではいくらでも改善していける事が出来るのでまた飛距離を伸ばしていく事も十分可能です。
体力面で衰えを感じてきた場合は筋力が低下している事が多いです。特にゴルフの場合は上半身を支える下半身の筋力が衰えてしまうと飛距離が落ちてしまい事が多いです。そのため下半身の筋力を強化していく事が大切です。しかし年齢を重ねてきて器具を使った筋トレをするといっても大変なのでウォーキングやジョギングなどで鍛えるといいでしょう。下半身の筋力は歩いたり軽く走る事だけでも積み重ねていけば筋力は強化出来ます。そのため毎日ウォーキングやジョギングを取り入れてみるといいでしょう。
年齢を重ねてくると以前のような大きいスイングだと体に負荷がかかってしまって痛めてしまう可能性があります。そのためドライバーやアイアンを変えるという方法もありますが、スイングも多少改善していかなければいけません。特にドライバーで大きなスイングをする時ほど注意が必要です。年配の方におすすめなのはコンパクトなスイングに変えていく事が大切です。スイングがコンパクトになると体重移動が少なくなるので体に負荷がかからなくなります。ケガのリスクも少なくする事が出来てしっかりとボールを打つ事が出来るので飛距離も伸びてきます。年齢を重ねてきたら体に合わせたスイング方法に改善していくという事が大切です。

 

参考になるサイトはこちら
力がなくても飛距離がでる人気の高反発ゴルフドライバーランキング!