ドライバー 飛距離

下半身の筋力の強化とコンパクトなスイングを身につける事が大切

年齢を重ねてくると加齢が進んできてしまうので体力面でも衰えてきてしまいます。ゴルフで体力面に衰えを感じてしまうのはやはり飛距離が出なくなったという事でしょう。しかしやり方次第ではいくらでも改善していける事が出来るのでまた飛距離を伸ばしていく事も十分可能です。
体力面で衰えを感じてきた場合は筋力が低下している事が多いです。特にゴルフの場合は上半身を支える下半身の筋力が衰えてしまうと飛距離が落ちてしまい事が多いです。そのため下半身の筋力を強化していく事が大切です。しかし年齢を重ねてきて器具を使った筋トレをするといっても大変なのでウォーキングやジョギングなどで鍛えるといいでしょう。下半身の筋力は歩いたり軽く走る事だけでも積み重ねていけば筋力は強化出来ます。そのため毎日ウォーキングやジョギングを取り入れてみるといいでしょう。
年齢を重ねてくると以前のような大きいスイングだと体に負荷がかかってしまって痛めてしまう可能性があります。そのためドライバーやアイアンを変えるという方法もありますが、スイングも多少改善していかなければいけません。特にドライバーで大きなスイングをする時ほど注意が必要です。年配の方におすすめなのはコンパクトなスイングに変えていく事が大切です。スイングがコンパクトになると体重移動が少なくなるので体に負荷がかからなくなります。ケガのリスクも少なくする事が出来てしっかりとボールを打つ事が出来るので飛距離も伸びてきます。年齢を重ねてきたら体に合わせたスイング方法に改善していくという事が大切です。

 

参考になるサイトはこちら
力がなくても飛距離がでる人気の高反発ゴルフドライバーランキング!

ゴルフは社会人の頃に付き合いなどで始める人も多く、シニアになってからもその延長で続ける人が比較的多い生涯スポーツであると言えます。また若い頃は全くやっていなくても、定年退職後からでも男女問わず始めることが出来ます。例えばコースに出ることが難しい人でも、打ちっぱなしでボールを打つだけでも良いストレス解消になるはずです。ゴルフ ドライバー ランキングは他のスポーツと比べても動きがゆっくりとしているため、年を重ねてもプレイしやすいスポーツかもしれません。しかも近年はゴルフクラブやボールがとても進化しているので、体力が衰えていても飛距離が出やすく楽しめると言うメリットがあります。またコースに出る場合は通常4人位で回りますが最近は一人で回ることが出来るコースもあり、他人に気兼ねしたり勝敗を気にすることなく、気分が向いた時や天気が良い時だけなどに、やりたい時にやると言う選択も出来ます。会社を退職すると外へ出ることも億劫に感じてしまいがちですが、ゴルフを趣味に持っていればコースを回るたびに緑豊かな自然とおいしい空気を感じながら、生きいきとした1日を過ごすことが出来ます。しかもゴルフコースに出ると歩かなければならないので、自然と体力が付くようになりますし、健康にも良いと言う利点があります。そのため趣味としてはもちろんのこと、健康増進のためにゴルフを選ぶと言うシニアも多くいます。さらにボールを打つ瞬間はとても集中力を必要とします。そこで、シニアになると衰えがちな一面を鍛えることが出来たり、最終コースまで回れた時には何とも言えない達成感を感じることが出来ます。そして何度かコースを回るうちにもっと上手になりたいと技術面の向上を考えるようになり、それが生きがいとなってより楽しい毎日を過ごすことが出来るようになります。子供や孫がゴルフを始めれば共通の趣味として話題も増え、コミュニケーションの場に最適ですし、夫婦で始めれば二人で過ごす時間が増えるのでおすすめです。